注文住宅で平屋を建てるなら!相場とコスト削減術をご紹介!

2024.03.22 #収納計画

自分好みの住まいの実現を望み、コストに敏感な方の多くは注文住宅における平屋建ての相場を気にすることでしょう。
注文住宅は自分たちの理想を形にできる一方で、予算の管理は非常に重要です。
平屋建ての魅力とその価格相場を把握し、賢明な家造りを実現するためのヒントを提供します。

□注文住宅・平屋建てのリアルな相場!

平屋建ての一般的な坪単価は木造で40~60万円といわれています。
例えば、30坪の平屋を建てる場合、1,200~1,800万円が予算の目安です。
土地代は別途考慮が必要です。
30坪の平屋では4人家族が快適に暮らせる広さを提供できます。
さらに余裕のある生活空間を求めるなら、40坪程度の広さを目安にすると良いでしょう。
このような情報は、予算計画を立てる際に重要な指標となります。

1:広さと予算のバランス

平屋建てでは、広さと予算のバランスが重要です。
30坪の家では、コンパクトながら機能的な空間を実現できます。

一方で、40坪以上になると、より広々とした空間での生活が可能になりますが、予算もそれに比例して高くなります。

2:生活スペースのイメージ

平屋建てにおける生活スペースのイメージを具体的に描くことが大切です。
例えば、オープンなリビング、趣味のための余裕ある空間、庭との一体感を持たせた設計など、さまざまなライフスタイルに合わせた設計が可能です。

3:土地代の考慮

平屋建ての予算を計画する際には、建物のコストだけでなく土地代も重要な要素です。
立地条件や土地の広さによって大きく変動するため、総予算に土地代を含めて考慮することが必要です。

□予算を超えない!新築平屋建ての賢い設計術

平屋建ての新築においては、予算を超えずに理想を実現するための設計術が重要です。
外観のシンプル化、間取りの工夫、住宅設備や仕上げ素材のコストダウン、建具の最小限化など、実践的なアドバイスを提供します。

1:外観のシンプル化

シンプルな外観は、洗練されたモダンな印象をもたらすだけでなく、コストを抑えることも可能です。
凹凸の少ない形状は外壁面積の削減と屋根の形状の簡素化につながり、材料費や施工費の削減に役立ちます。

2:間取りの工夫

間取りを考える際には、壁の仕切りを最小限に抑えることがコスト削減につながります。
例えば、LDKをオープンな空間に設計することで、リビングを広く使えるようになります。
また、個室のように区切りたい場合は、取り外し可能なパーティションや室内カーテンの設置で対応すると良いでしょう。

3:住宅設備・仕上げ素材のコストダウン

システムキッチンやユニットバスなど、住宅設備のグレードを見直すことはコストダウンに効果的です。
また、外装や内装の仕上げ素材の選定にも注意を払うことが必要です。
例えば、1平米あたりの単価が高い素材を選ぶ代わりに、使う面積を減らすことで全体のコストを抑えるられます。

4:建具の最小限化

建具を減らすことで建具本体やハンドル、施工費などのコスト削減が可能です。
例えば、洗面所と脱衣所の間仕切りにカーテンを利用する、キッチンとパントリーの間仕切りにロールスクリーンを利用するなど、建具がなくても快適に暮らす工夫があります。

□まとめ

注文住宅における平屋建ての相場と、予算内で理想を実現するための賢い設計術を紹介しました。
平屋建ては、広さと予算のバランスが重要であり、外観のシンプル化や間取りの工夫、住宅設備や仕上げ素材の選定によりコストを抑えられます。
また、建具を減らすことも一つの手段です。
これらのポイントを押さえ、自分たちの理想に合った平屋建ての家を実現しましょう。

一覧に戻る